私のインナーチルドレンの話

 

※少しホラー調になってしまったので、苦手な方観覧注意です

(とか言っておいて、たいしたことないんですが一応w)

f:id:irumi0502:20170515015717j:plain

f:id:irumi0502:20170515015800j:plain

f:id:irumi0502:20170515020539j:plain

f:id:irumi0502:20170515020704j:plain

 

f:id:irumi0502:20170515021019j:plain

 この漫画を深夜に描いてる、わたしの心が心配w

 

この黒い子はわたしの「インナーチルドレン」として

今後漫画に登場させます。(もっとデザイン練ればよかったww)

 

 

インナーチルドレンとは

kunisakishizuka.com

 

  

そしてわたしのこの

貪欲な愛情を欲する思いはどうやら

愛着障害なような気がしています…。

sinsin-kenkou.net

 

上の「心身健康」様の記事が

凄い参考になりました…。

 

わたしが5歳の時両親が離婚してしまい

 

その後は、父方の家で育てられました。

祖母や祖父、4歳離れの兄も居たんですが

我が家は代々続く農家で

畑や田んぼ、父はそれに加えサラリーマンもやっていたので

本当に忙しかったようで

 

いつのまにか、気づくといつも一人でいました。

 

今思えば寂しかったんだろうな~。

母親が居ないって

寂しいっすよね…。でも子供ながらに

寂しい…と言ったところで母親は戻ってきてくれないと

思っていました。

 

なので一度も母親に会いたいと言ったことはなかったそうです(今は亡き祖母談)

 

家族に迷惑をかけまいと、子供ながらに我慢してたんだな~(涙)

 

その後母親と再び、再会したのは高校2年生の時でした。

 

 

じつは、母親が居なくなった時の記憶がいまだに

ずっとあるんですよ(涙)

当時、自分5才ですよ?w

ショックだった記憶とかって消えないのかな~

 

その日祖母が近くの商店に

お菓子を買いに連れてってくれると

私を家から連れ出しました。

 

そのとき、後ろで手を振る母親

 

買い物を終えて

家に帰ると

もう、そこには母親の姿はありませんでした。

 

そして祖母が一言

「お母さんは今日からいないんだよ…。ばあちゃんが居るから大丈夫!」

 

その後の記憶はありません

 

 

 

 

 

 

 

そのとき食べたおやつが

この、やんやんぼう野郎(ヤンヤンは悪くないw)

 

…  

 

もう、やんやんぼう見ると

思い出して泣けてくるわwwwww

 

…本日は以上です(笑)最後までわたしの昔話を聞いて頂きありがとうございました!

 

出来る限り今後とも、暗くならないように

記事を書いていけたらな~と思います。

 

 

ということで、また後日!